エリアレポート マーケットレポート 店舗開発

虎ノ門・六本木周辺の再開発情報!

虎ノ門・六本木周辺の再開発情報!

 

こんにちは!

今年の夏は、雨が多いですね!

歩いて貸店舗物件をお探しの方には非常に厳しい天気!

気温の変化にやられないよう、水分補給・上着をお忘れなく!

 

さて。

今回は、前回の渋谷に引き続き、虎ノ門・六本木・赤坂周辺の再開発について紹介していきます!

このあたりは、森ビル住友不動産などの大手デベロッパーが一体開発をしていますが、

貸店舗物件も大変人気なエリアでもあります!

2020年の東京オリンピックに向けて、どのように変化していくのでしょうか。

 

▼虎ノ門エリア

虎ノ門ヒルズ周辺に3棟建設!

施工:森ビル

 

タワー位置関係

資料:森ビル

 

2014年に開業した虎ノ門ヒルズ隣接地に

 

(仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー(19年度竣工予定)

(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー(22年度竣工予定)

(仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー(19年度竣工予定)

3棟の超高層タワーが建設される予定です。

 

これらのタワーの大きな特徴は、

バスターミナル

地下鉄駅と街の一体化

です!

 

虎ノ門ビジネスタワー

ビジネスタワーの1階に設置する約1000㎡のバスターミナルは、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)や、空港リムジンバスが発着できるシステムが整えられており、世界と都心をつなぐ東京の玄関口として機能します。

 

虎ノ門ステーションタワー

また、虎ノ門ヒルズ森タワーが、道路と建物を一体的に整備する都市再生モデルだったのに対し、虎ノ門ヒルズステーションタワーでは、地下鉄日比谷線の新駅との一体開発を行っています。

 

▼六本木エリア

300m越えのビルが林立!?

施工:森ビル

 

虎ノ門・麻布台地区都市再生特別地区

麻布台地区

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai11/shiryou1.pdf

 

この広大な敷地の中に、330m 270m 240mの超高層ビルが建設予定となっています。

これは、建設予定の高層ビルの中で、大手町の再開発プロジェクトの390mに次いで2番目に高くなっています!

あべのハルカスで高さ300mなので、それを大きく上回るビルが建つとすると、想像

しやすいですね!

 

こちらの再開発の特徴は、

・地下鉄神谷町駅六本木一丁目駅を結ぶ歩行者ネットワークの整備

・中央広場の設置

・外国人子女等を対象とするインターナショナルスクールの整備

が挙げられます!

 

いかがでしたか?

六本木・虎ノ門エリアの再開発について紹介してきましたが、

新規出店・貸店舗をお探しのお客様は、是非参考にしてみてくださいね!

 

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

 

参考:

「虎ノ門ヒルズに超高層3棟、地下鉄新駅と一体開発」

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/041300565/?P=4

 

「都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区)都市計画の概要」

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai11/shiryou1.pdf

 

「日本の超高層ビル」

http://bb-building.net/project/tokyo-ranking.html

You Might Also Like