経営お役立ち情報 専門店 店舗開発 その他

サイゼリヤの創業時

イタリア料理がお手頃な価格で楽しめる「サイゼリヤ」。
SNSでも話題になりましたが、とてもホッとする味で美味しくリーズナブルですよね。
そんなサイゼリヤの創業時の秘話を紹介します。
現在のサイゼリヤ
サイゼリヤの店舗数は全1,547店舗(国内1,069店舗、海外478店舗/2022年8月)。海外では中国、香港、台湾、シンガポールに店舗展開しています。
3割ほどの店舗が海外で展開されており、こんなにも海外に浸透しているのは驚きですね。
 
今や大手外食チェーンの一角を成し、成功に導いたその経営戦略も話題となりますが、創業当時は一人の大学生が千葉県市川市に開いた小さな洋食屋から始まりました。
引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/25447378
 
■大学4年生の時にサイゼリヤをオープンさせた創業者
 
創業者の正垣泰彦さんは、医者の家に生まれ裕福な家庭で育ちました。しかしながら高校時代までは「超」がつくほどの問題児だったそうです。高校2年生の時に心を入れ替え、猛勉強した結果、東京理科大学に入学。飲食店でのアルバイトを始めました。
 
就職活動に本腰を入れなければならない時期となり、周囲やバイト先にアルバイトを辞めることを話すと引き止められたそう。そして、バイト仲間から「お店を出して、また一緒に働こう」という誘いの言葉がきっかけになりました。千葉県・市川市の小さなフルーツパーラーを譲り受け、大学4年生のときに「サイゼリヤ」の営業を開始しました。
 
ですが、開店後しばらくは商売が軌道に乗らなかったようです。サイゼリヤも創業時は苦労があったんですね。どうすればお客さんが足を運んでくれるのかと正垣さんは考えた結果、「安くて美味しい料理を提供する」という結論に至りました。営業開始から数ヶ月後、商品の値段を思い切って7割引きにしました。7割引きとは本当に思い切った数字です。利益はほとんど出ないのではと心配になる値段設定です。
 
値段設定を思い切って変えてみると、みるみる客数が伸びていき、連日2時間待ちの行列ができるほどの超人気店となりました。顧客の要望に応え、すぐに2号店をオープンします。しかし、2号店の立地は誰もが「売れない」と思うような場所だったようです。しかし、そんな周囲の心配も跳ね除け、2号店もすぐに常時満席の状態となる人気ぶり。そして3号店、4号店・・・と事業を拡大していったのだそう。
サイゼリヤの経営戦略
 
サイゼリヤの経営で核となるのは、コスト・リーダーシップ戦略と呼ばれる戦略です。アメリカの経営学者であるマイケル・ポーター氏が提唱した3つの基本戦略の1つで、他社よりも低いコストで製品やサービスを提供して競争に勝つことを目的としています。
 
サイゼリヤでは1973年の創業以来、徹底した低価格路線に取り組み成長を遂げました。若年層やファミリー層に向けて、リーズナブルな価格でイタリアンを提供することで国内外に1,500店舗以上を展開しています。
 
このように他社よりも低価格でおいしいメニューを提供することで、競争力を維持しています。
引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/22748616
 
■サイゼリヤ1号店は現在「教育記念館」に
 
サイゼリヤの始まりとなった1号店は、現在も千葉県・市川市のJR「本八幡」駅北口から徒歩1分の場所に残されています。店舗としての営業は2000年2月に終了しておりますが、現在は「サイゼリヤ1号店教育記念館」として保存されています。2階建ての建物の2階部分が記念館となっており、1階は青果店となっています。
一般の方でも見学は可能なそうですが、現在は事前予約制、要相談だそうです。青果店のうえにある1号店へと続く階段には、サイゼリヤの歴史を物語る写真の数々が展示されています。
店内は店舗として営業していた当時のまま保存されており、10卓程度のテーブルが並んでいます。歴代のメニュー表やサイゼリヤの歩みをまとめた年表などを見ることもでき、まさに“サイゼリヤミュージアム”という空間です。
当時の雰囲気を味わえるだけでなく、さまざまな資料を自由に閲覧でき、サイゼリヤの歩みやこだわりを感じられます。特に、過去のメニュー表は創業当時のものが置かれており、「生ガキ」や「キャビア」がかつてメニューにあったことがうかがい知れます。また、チェーン展開を始めた頃、「ドリアはサイゼリヤの名物料理です」というフレーズで「ミラノ風ドリア」が紹介されており、当時から人気だったことがわかります。館内の映像資料によると、ミラノ風ドリアは1000回以上の改良を重ねているそうです。
 
いかがでしたでしょうか。
今では誰もが知る大手チェーン・サイゼリヤの創業時の苦悩や、思い切った経営戦略。こんなふうにしてサイゼリヤは拡大し、現在の地位を築いていったのですね。
 

事業用不動産・貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」https://tempoly.jp/

◇店舗物件・事業用物件テナント区画募集・お探しのお問い合わせ先◇

株式会社ゼン・ランド

東京都知事免許(3)94776号

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-11ミナミビル9F

Tel:03-5457-7825

 
 

You Might Also Like