Pick Up エリアレポート マーケットレポート 店舗開発

[必見!!]2017年に新規オープンする注目の商業施設とは?

[必見!!]2017年に新規オープンする注目の商業施設とは?<東京>

 

こんにちは!

 

便利な東京では、繁華街に行って大型商業施設で買い物をする、なんてことが多いと思います。
近年では、東京オリンピックに向け、日本の魅力開発の一つとして新しい商業施設が続々とオープンしています。

今回は、2017年に新しく開業する商業施設について紹介していきます!

今後、注目の場所となるであろうスポットをいち早く確認してみましょう!

 

◎SHIBUYA CAST.

渋谷キャストロゴ

渋谷キャスト店舗外観

(http://shibuyacast.jp/より)

 

渋谷・原宿間をつなぐ明治通りとキャットストリートの交差する場所に位置する、
クリエイターのための新しい複合施設です。渋谷再開発事業の一環として進められています。

コンセプトは「ひとつ屋根の下で、くつろぎ、働き、住むことができる場所」

シェアオフィス、カフェ、多目的スペース、共同住宅とさまざまな機能を組み合わせることで、
人の暮らしとビジネスを結びつけ、創造性を誘発する空間となっています。

 

渋谷キャスト店舗マップ

(http://shibuyacast.jp/より)

13階~16階:賃貸住宅

2階~12階:賃貸オフィス

1階~2階:シェアオフィス・カフェ

地下1階:多目的スペース・物販店舗・広場

 

人の居場所である家、職場、そしてサードプレイス(喫茶店などの場所)が集結したカタチであり、
人の暮らしを支える場であると言えますね!
そこで生活をする人はもちろんのこと、遊びにやってきた新しい人との交流も生まれそうな素敵な場所です。
開業したらぜひのぞいてみようと思います!

 

「SHIBUYA CAST.」

渋谷キャスト店舗地図

所在地:東京都渋谷区渋谷1丁目23番2号

開業時期:2017年4月20日

開発・運営:東京急行電鉄株式会社、大成建設株式会社、サッポロ不動産開発株式会社、東急建設株式会社

HP:http://shibuyacast.jp/

 

◎GINZA SIX

GINZA SIXロゴ

GINZA SIX内装

(http://ginza6.tokyo/より)

 

松坂屋銀座店跡地を含む街区と隣接する街区の2街区を整備する大規模な再開発プロジェクトによって誕生しました。
241の店舗が集積する商業施設と、オフィス、文化・交流施設「観世能楽堂」などから構成された銀座エリア最大規模の複合施設となっています。

コンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」

「高価で便利なものを追い求める成長の時代は終わりを告げて久しい今、
ここからの人々の生き方、暮らし方、仕事の仕方を豊かにする “新しいラグジュアリー”とはなんだろう。」
というテーマを掲げているようです。
この広告だけでも「銀座」の高級感が漂いますね!

最高級なブランドのラインナップに加え、日本の四季を感じることができる屋上庭園や、
アートギャラリーや文化・交流施設「観世能楽堂」、世界のアートと日本のアートが交差する「銀座 蔦屋書店」なども設けられ、
日本の洗練された文化・美しさを強調した空間となっています。
また、地下3階には備蓄倉庫を整備し、災害時には帰宅困難者3000人を3日間受け入れられる設備が整えられるなど、
防災面にも力を入れているようです。


 

「GINZA SIX」

所在地: 東京都中央区銀座 6丁目 10 番 1 号

開業時期:2017年4月20日

開発・運営:株式会社大丸松坂屋百貨店、森ビル株式会社、L Real Estate、住友商事株式会社

地下6階~地上13階

店舗数:計241

HP:http://ginza6.tokyo/



いかがでしたか?

複数の企業の共同投資によって作られた大型商業施設は、最先端の技術やデザインが施されており、東京オリンピック期間中だけでなく、世界中から様々な人が訪れる場所となるでしょう。

未来を見越して、こういった商業施設周辺の貸店舗をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

今回取り上げた商業施設の他にも紹介していくので、次回の投稿もチェックしてみてくださいね!

 

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

 

You Might Also Like