エリアレポート お役立ちレポート マーケットレポート

【街歩き】池袋へ行ってみた!サンシャイン60通り編

【街歩き】池袋へ行ってみた!サンシャイン60通り編

 

こんにちは!ゼン・ランドインターン生TEMPOLY編集部の半谷です。

 

今回は、池袋のサンシャイン60通りをご紹介します!

3大副都心の1つを担う池袋。埼玉からも近く、いつも多くの人で賑わっていますね。

そんな池袋ですが、近頃は「オタクが集まる街」というイメージもついています。今回ご紹介するサンシャイン60通りも、アニメグッズを持った人をたくさん見かけました。どのようなテナントが多いのか、さっそく特徴をみていきましょう!

 

池袋・サンシャイン60通りの調査対象範囲

TEMPOLY編集部では、以下の範囲を調査対象としています。

 サンシャイン60通りの調査対象範囲

池袋・サンシャイン60通りのテナント調査結果

TEMPOLY編集部では、

2016年2月に池袋・サンシャイン60通りのテナント調査を実施しました。

 

繁華街を構成するテナントは、

・アパレル店、家電量販店などの物販店舗

・居酒屋、レストラン、喫茶店などの飲食店舗

・エステ、ネイルサロン、マッサージ店、クリニックなどのサービス店舗

・企業の事務所

などの業態に分類できます。

TEMPOLY編集部は他業態を加えて10に分類しました。

サンシャイン60通りは、どのような業態の店舗が多いのでしょうか。

 

調査結果はこのようになりました!

 

池袋・サンシャイン60通りのテナント構成は…?

サンシャイン60通りのテナント構成

1位 サービス(31%)

2位 事務所(21%)

3位 物販(20%)

 

サービス店舗が多い!

サービス店舗が、31%でテナント構成1位となりました。アドアーズやラウンドワンなど、アミューズメントが複数階にわたって出店しているため、割合が高くなっているようです。

その他、エステやクリニックなどもちらほら見かけました。

 

物販店舗も意外と多い?!

物販店舗の割合が20%という結果になりました。サービス店舗と違い、1階路面店への出店が主となる物販店舗でこの数値だと、高い割合だといえるのではないでしょか。

ブックオフやマツモトキヨシ、ユニクロなど、名前のよく知られた物販店舗が数多くある印象を受けました。

 

今回は、テナント調査から、池袋・サンシャイン60通りについて考察してみました。

この特徴を貸店舗物件探し、出店戦略にも是非活かしてみてくださいね!

 

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

You Might Also Like