お役立ちレポート その他

【番外編】自分の移動ログをとってみよう!

【番外編】自分の移動ログをとってみよう!

 

こんにちは!

今回は夏休み企画ということで、少し貸店舗物件をお探しの視点から離れた番外編をお送りします!

 

毎日の自分の生活。

振り返りたいと思ったときに皆さんはどうしますか?

 

日記を書く?写真を撮る、、、?

勿論、これも有効な手段ですよね、実際私も書いたり写真を撮ったり、インスタグラムやったりと様々です。

そんな中で、より自然に自分に近づける方法も楽しいんですよ。

 

その方法とは、ずばりログを取ります。

 

ということで今回のテーマは移動ログについて!

 

ログとは馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、
自分が歩んできた道を指す言葉になります。

文脈によって違いますが、今回のログは、まさに自分が歩いて移動してきた道を記録するというものです。

 

自分の移動ログをとることができるアプリをご存知ですか?

今日は、筆者のスマホにも入っているおすすめのアプリを紹介します!

 

MOVES

アプリ

 

MOVES」というアプリです。

無料です。

筆者もゼミの教授に勧められて、アプリをインストールしました!

 

このアプリをスマホにいれておくだけで、勝手に1日の歩数や移動距離、位置情報を記憶してくれます。

moves歩数

moves距離

例えば、昨日はウォーキング10242歩でした。

こんな感じに表示されます。

 

また、地図上のカーソルをクリックすると、自分の位置情報も地図上にプロットしてくれます。

 

moves地図

 

 

しかし、一味違うのがこのmoves。

もっと詳しく自分のログをみることもできちゃいます。

 

検索サイトで「moves scope」と検索すると、

movesscope

こんなサイトに接続します。

 

手順に沿って出てくる暗証番号を自分のスマホに打ち込むと、

これまで記録されていた全データがログとなって地図上にプロットされます。

 

それが。。。。。。。!

 

scopeログ

こんな感じになりますね。

 

ちなみに筆者はこのデータを2年分くらい蓄積していたのですが、先日スマホを壊してしまい、データがゼロになってしまいました。泣きそうです

なのでほんとうは、ログが重なってすごい軌道が描かれます。

自分がよく行く経路や場所が浮き上がってくるわけですね。

 

また、歩行、走行、自転車、電車という分類や、日付を選択してログを見ることができるため、

「先週1週間どこを歩いてたのかな~」

なんていうのも可能なんですね。

 

海外旅行などをすると、一気にスケールが広がって面白いですよ!

 

いかがでしたか?

自分の移動してきた痕跡が地図に可視化されるのって面白いですよね。

時間とともにデータが地図上に重ねて蓄積されることで、これまで気が付かなかった自分の行動の特徴が発見できるかもしれません!

 

また、貸店舗物件をお探しの方は、この機能を使って、自分がどのあたりを探しているのかを確認するのもいいかもしれません。
人間、思い込みによって探すエリアが限定される事も多々あります。

記録に沿って確認してみると、実はここに行けてなかったんだな、と漏れもチェックできるかもしれません。

 

是非、アプリを導入してみてはいかがですか?

 

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

You Might Also Like