お役立ちレポート お知らせ

TEMPOLY編集部小林がいく!銀座の老舗喫茶店レポート

TEMPOLY編集部小林がいく!銀座の老舗喫茶店レポート

こんにちは。TEMPOLY編集部インターン生の小林です。

銀座といえば、華やかで高級感があり、ファッションや文化のイメージを持ちますが、実は歴史ある喫茶店がたくさん現存しているまちでもあります。

今回は、喫茶店好きな私が行った、銀座のおすすめ店についてご紹介します。

 

カフェーパウリスタ

ひとつめは、こちら、カフェーパウリスタです!

カフェーパウリスタ

営業時間:[月~土] 8:30~21:30

      [日・祝] 11:30~20:00
      ※年中無休

住所:東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1F

カフェーパウリスタ地図

きっかけはブラジル珈琲豆無償提供!?

こちらは日本の喫茶店文化の先駆けとして大変有名であり、いつもたくさんの観光客で賑わっています。

初代社長である水野龍氏が、ブラジルのサンパウロ州政庁から、珈琲豆を無償で譲り受ける代わりに、日本におけるブラジル珈琲事業を委託されたことをきっかけとして、1910年に合資会社「カフェーパウリスタ」を設立し、翌年1911年に「銀座カフェーパウリスタ」を開業しました。

 

「銀ブラ」の語源は、“銀座パウリスタに一杯五銭のコーヒーを飲みに行くこと”という説もあるほどだとか。

カフェーパウリスタ店内

カフェーパウリスタ コーヒー

禁煙席を希望し、2階の席へ。白い内装で明るくすっきりとした印象で、長いカウンター席が特徴的でした。  

おしゃれな黒いスーツを身にまとった店員さんが丁寧にコーヒーを運んでくださいました。銀のポットに入れられた珈琲は高級感あふれ、ゆっくりと注ぐと重厚な香ばしい香りがたちこめます。

 

トリコロール

ふたつめはこちら、トリコロールです!

トリコロール

トリコロール階段

営業時間:[月~金] 8:00〜20:30 ( L.O 20:00 )

      [土日・祝] 8:00〜21:30 ( L.O 21:00 )

住所:東京都中央区銀座5-9-17

トリコロール地図

レトロかつあたたかみのある内装

1936年創業のお店で、ネルドリップで淹れた珈琲の味は心も体もやすらぎます。

茶色を基調とした内装で、壁面のレンガは歴史を感じさせます。会社のミーティングとして、またマダムたちの談笑の場として使われていました。

思わず注文してしまったエクレアは、上品な甘さで珈琲との相性はぴったりでした。

トリコロール コーヒー

 

あとは非常に有名などんパさんが銀座にはありましたが、残念ながら今年の初めに閉店する事になってしまいました。

長い間銀座を支えてきたお店が無くなるというのも寂しいですね。

貸店舗物件をお探しの店舗開発の皆様も、銀座の物件探しにつかれた際に、少し寄って心身ともに癒されたそうです!

 

いかがでしたか?

この特徴を貸店舗物件探し、出店戦略にも活かしてみてくださいね!

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

参考:かっぱ橋道具街オフィシャルサイトhttp://www.kappabashi.or.jp/home/history.html

You Might Also Like