エリアレポート マーケットレポート その他

エリア調査渋谷 2021〜文化村通り編〜

こんにちは!今回は先日に引き続き渋谷のエリア調査を改めて行いました! 前回調査した道玄坂沿い同様に以前に比べて変化がある点が見受けられました。

 

さて、今回は渋谷の文化村について、弊社が調査した2017年と2021年のデータを比較して、コロナ前とコロナ禍の現在において、テナントの入れ替わりや業態割合の推移や変動についてみていきます!

 

▼テナント調査とは?

 

様々なエリアを歩きながら、大通りに面したビルにどのような業態のテナントが入っているのかを調査しています。

弊社では、過去に渋谷・表参道・六本木・銀座・新宿・池袋の6つのエリアの主要な通りで実施してきました。

また、各テナントを、 

・アパレル店、家電量販店などの物販店舗

・居酒屋、レストラン、喫茶店などの飲食店舗

・エステ、ネイルサロン、マッサージ店、クリニックなどのサービス店舗

・企業の事務所

など、業態を10個に分類しています。

 

○今回の調査エリア

今回は文化村通り沿いのテナント調査を実施しました。

具体的には以下のMAP上の赤いラインの部分です。

ここで、過去の出店実績と現在の出店状況を比較していきます。

(2016年と2021年のテナント構成グラフを添付)

 

1、文化村通り沿いで一番大きな変化はドンキ・ホーテ渋谷店が移転したことと、元々店舗があった場所の跡地が再開発されているという点です。

現在、「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」というプロジェクト名で元々ドン・キホーテ渋谷店があった場所とその周辺にて大規模な再開発が行われています。

工事は2018年1月から旧店舗の建物解体工事が実施されており、新しい建物の竣工は2022年4月を予定されています。

新しい建物は地下1階地上28階建て、高さが120mの店舗、オフィス、ホテルから構成される新たなランドマークとなる予定です。

今回の大規模再開発は以下のコンセプトをもとに実施されています。

1.文化村通りの新しい拠点整備 ~商業・事務所・ホテルの複合開発による拠点形成~
■商 業:「街の結節点」となる立地特性を活かし、日常的に渋谷で暮らす、訪れる、働く人々への商業サービスを提供する
■事務所:クリエイティブなオフィスワーカーをターゲットとしたビジネス環境を作る
■ホテル:渋谷のホテル需要に対する強化の一端を担う

2.多様な回遊動線の創出 ~エリアの活性化、愉しみながらの散策~
■駅周縁部に拠点を形成することで、渋谷全体における回遊ネットワークの活性化に貢献する
■敷地の中を動線で繋いでいくことで、街の新しい回遊空間を創出する

3.防災・防犯性の向上 ~安全・安心に繋がる街づくり~
■狭隘、行き止まり道路を一部撤廃し、敷地内に安全な道を通すことで防犯性の向上を図る
■老朽化した擁壁、建物を撤去し、耐震性の高い建築により大地震に備える
■11、12階のホテル共用部を帰宅困難者受け入れスペースに設定し、防災備蓄倉庫を配備することで、エリアの防災拠点として機能する

 

 

※株式会社ドン・キホーテホールディングス(現:株式会社パン・パシフィック・ホールディングス)、2018年8月18日ニュースリリースより

 

 

2、テナントの入れ替えや業態変更等でテナントの入れ替わりが多く見られるようになった。

2016年と2021年のテナントを比較した時に、前回調査を行った道玄坂と同様、コロナ前では比較的入れ替わりが少ないように思われた1階路面店や、比較的需要のある地下や2階店舗テナントの入れ替えが見受けられます。

 

 

 

次回は宇田川町、神南エリア、明治通り沿いや宮益坂沿いなどのエリアの現状についてご報告していく予定です。

 

事業用不動産・貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」https://tempoly.jp/

◇貸店舗物件・事業用物件テナント区画のお問い合わせ先◇
株式会社ゼン・ランド
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-11 ミナミビル9F
Tel:03-5457-7825 まで!

 

 

出典:株式会社パン・パシフィック・ホールディングス ニュースリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000019436.html

 

You Might Also Like