エリアレポート ニュース

【エリア特集】自由が丘駅前再開発について

こんにちは!

近年、東京都内の色々なエリアで駅前再開発が実施され、数年前とは見違えるような街へと変わる場所が増えてきています。

そんな中「自由が丘一丁目29番地市街地再開発組合」が東京都知事の組合設立の認可を受け、市街地再開発組合として2022年1月24日に設立されました。

今回はこの『自由が丘駅』前の再開発事業について取り上げていこうと思います。

 

1、自由が丘駅前再開発について

今回の事業は組合とヒューリック株式会社、鹿島建設株式会社が主体となって進められていく事業です。

場所は東急東横・大井町線自由が丘駅前に位置しており、施工面積約0.5ha、延床面積約4.3万㎡の第一種市街地開発事業となります。

 

目黒区のホームページには自由が丘駅前再開発について以下のように説明されています。

 

自由が丘駅周辺地区は、目黒区の都市計画マスタープラン(平成16年3月)において広域生活拠点に位置付けられており、文化性やファッション性の高い店舗など、落ち着きがあり回遊性のある商業地として発展してきました。

一方、道路が狭く歩行者と自動車の交錯や路上荷さばき車両による混雑、駅周辺の建物の老朽化などが喫緊の課題となっています。

目黒区は駅前の交通環境や防災性の向上を図るため、自由が丘駅前西及び北地区及び自由が丘一丁目29番地区(位置図参照)において、権利者などによる「街づくり提案書」の提出を受け、関係法令や目黒区の実施計画等に基づき、令和2年度に「自由が丘駅前西及び北地区地区計画」(以下「地区計画」といいます。)及び「自由が丘一丁目29番地区第一種市街地再開発事業」(以下「再開発事業」といいます。)の都市計画を決定しました。

その後、令和4年1月に東京都より自由が丘一丁目29番地区市街地再開発組合の設立が認可されました。再開発事業の施行により、土地の合理的かつ健全な高度利用による建築物の不燃化・共同化を図ることで、地域の安全性・防災性の向上に寄与する地区施設を整備するとともに、商業・業務・住宅機能を導入し、魅力ある駅前市街地を形成します。

 

 

私も何度か自由が丘駅を訪れたことがありますが、駅前は車や人の通行量が多い割には狭い道路が多いように感じます。

特にバスやトラックなどの往来も多いエリアなので、ベビーカーなどを小さな子供連れの家族や、ご高齢の方などが歩道を通っていても危険に感じることがありました。

再開発によってこれらの問題を解決して、誰もが安全に安心して駅前を利用できるようになるといいですね!

 

2、建物概要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○計画概要(予定)

・事業主体:自由が丘一丁目29番地市街地再開発組合

・所在地 :東京都目黒区自由が丘一丁目29番地区内

・主要用途:店舗、事務所、住宅、駐車場等

・敷地面積:約4,000㎡

・延床面積:約43,000㎡

・階数/高さ:地上14階、地下3階/ 約60m

・建物竣工:2025年度

 

①施設内容 :商業・業務機能、居住機能を導入します。

②建物構造 :制振構造を採用し耐久性に優れた建物とします。

③防災対策 :施設用防災備蓄倉庫及び自家発電設備を整備します。

④景  観 :低層階のにぎわい創出や、駅からの見え方に配慮した形態、意匠とし、自由が丘の顔となる景観形成を

       図ります。また、歩行者空間に街路樹等を植栽し、身近なみどりがある景観を形成します。

⑤歩行者空間:都市計画道路の拡幅に伴う歩道の整備及び敷地内に「にぎわい環境空間」を整備し、街への回遊を促す

       歩行者空間を整備します。

 

 

○今後の予定

2022年9月:権利変換計画認可(予定)

2022年11月:明渡し、除去工事着工(予定)

2023年度 :本格工事着手(予定)

2025年度 :本体建物竣工(予定)

 

2022年度から新しい街づくりに向けて既存建物の解体に向けた動きが加速していくことが予想されます。

これまで自由が丘地区の課題であった駅前建物の過密化・老朽化、都市計画道路の整備の遅れ、鉄道による街の分断、

住宅地への商業店舗のにじみ出し等、様々な課題が1日でも早く解決されて住み良い街に生まれ変わってくれることを期待しています。

 

 

事業用不動産・貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」https://tempoly.jp/

 

 

◇店舗物件・事業用物件テナント区画募集・お探しのお問い合わせ先◇

株式会社ゼン・ランド

東京都知事免許(2)94776号

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-11 ミナミビル9F
Tel:03-5457-7825 まで!

 

<出典>

・目黒区ホームページ

https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/kurashi/sumai/katsudo/jiyuugaokaeki/jiyuugaokamatidukuri.html

・東京都ホームページ

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2022/01/13/09.html

・自由が丘一丁目29番地区市街地再開発組合ホームページ

http://jiyugaoka129.com/

You Might Also Like