エリアレポート マーケットレポート 店舗開発

迷宮新宿のテナント実録! 靖国通り編

迷宮新宿のテナント実録! 靖国通り編

こんにちは!

新宿エリアで新規店舗開発を考えていらっしゃる方に向けて発信する、まちレポートです!

通りごとの特徴・雰囲気を紹介していきます。

 

今回は、靖国通りついてご紹介します!

 

靖国通りとは?

靖国通り地図

JR新宿駅東口を出て、まっすぐ進むと突き当たる通りです。通り沿いには歌舞伎町の入り口もあります。

歌舞伎町

 

テナント調査

今回は、パチンコのエスパス日拓から 新宿マルイメンズまでを調査対象として、どのようなテナントが入っているのかを調査しました。

 

繁華街を構成するテナントは、

 

・アパレル店、家電量販店などの物販店舗

・居酒屋、レストラン、喫茶店などの飲食店舗

・エステ、ネイルサロン、マッサージ店、クリニックなどのサービス店舗

・企業の事務所

などに分類できます。


TEMPOLY編集部は他業態を加えて10個に分類しました。

 

結果はこのようになりました!

靖国通り円グラフ

(2016年12月14日時点で)

 

テナント構成の結果は

1位 サービス系(31%)

2位 飲食系(29%)

3位 物販(14%)

 

となっています。

 

サービス系はカラオケが多い!

グラフの通り、靖国通りではサービス系の業態が一番割合を占めています。内訳をみてみると、カラオケの店舗が多いことがわかりました。

カラオケ館」や「SHIDAX」などのテナントが独立してビルを構成している姿が目立ちました。

カラオケ館

 

新宿区役所以降は、事務所増加↗

通りの中ほどにある、新宿区役所を過ぎたあたりから、事務所のテナント数が増加します。区役所の手前側歌舞伎町などの通りもあることから観光的な面が強く、飲食店舗が多くなっています。

飲食系単体ビルの存在

新宿といえば、居酒屋が多い印象ですが、歩いてみると、飲食系(レストラン・居酒屋含む)のテナントは飲食店系のビルとして、1つのビルに固まっていることがわかりました。これは、渋谷などの1階が物販や飲食店2階以降が事務所テナントの複合型のビルとは大きく異なる点です。

居酒屋ビル

居酒屋ビル2

 

 

昨年調査との比較

 

弊社は2016年5月にも同様の調査を行っています。比較すると約半年間でどのような違いがみられるでしょうか。

早速みていきましょう!

靖国通り棒グラフ

 

※①:2016年5月24日 ②:2016年12月14日

 

飲食系テナント増加

比較的安定していますが、テナントの入れ替わりが激しい業態として、新宿靖国通りでは飲食系テナントが最も多いようです。

特に居酒屋系のテナントは高需要であり、今後も伸びていくことが予想されます。

 

いかかでしたか?

貸店舗・店舗物件はTEMPOLYまで! https://tempoly.jp/

You Might Also Like