Pick Up エリアレポート お役立ちレポート

渋谷区の各観光地の集客力とは?平日・休日、交通手段別に分析!

こんにちは!

本日は渋谷区にある商業施設やイベント会場などの観光スポットが、一体どのくらいの集客力を持っているのかをRESASというツールを用いて分析してみたいと思います!

今回行う分析に用いられているデータはNIVI TIMEの経路検索の回数に基づく、株式会社ナビタイムジャパンの「経路検索条件データ」というものです。各集客スポットの経路検索回数を集客力として捉えて見ていきたいと思います。

貸店舗物件をお探しの皆様に情報活用して貰えますと幸いです!

平日の交通手段別集客スポットは?

下の図をご覧ください!平日の集客スポットを表しています!

目的地一覧(平日)@1x

まずは「自動車」を見ていきましょう。

渋谷と言えばたくさんの商業施設があるイメージですが、最も上位にある商業施設は7番目の「渋谷ヒカリエ」です。そしてなんとも奇妙ですが、この2016年のデータの段階では「テニスクラブ」が大きな数字をとっておりダントツの一位となっています!

何で「テニスクラブ」なんでしょうか?…. こちらについては後ほど言及したいと思います!

次に「公共交通」を見ていきましょう。

「公共交通」ではテニスクラブの姿はありませんね。そして「渋谷ヒカリエ」が上位に入り、検索回数も「自動車」の結果よりも多いことがわかります。

両結果から見えることは、体育館やホールなどの「イベント会場」は平日休日問わず集客力があり、交通手段が変わっても渋谷区内集客スポットの中では上位を占めていること。そして「商業施設」に関しては「自動車」よりも「公共交通」での来訪が多い傾向があることです。

休日の交通手段別集客スポットは?

下の図をご覧ください!休日の集客スポットを表しています!

目的地一覧(休日)@1x

まず確認しておきたいことは、平日と比べたときのグラフの縦軸の数字です。「自動車」では縦軸の数字がとても小さくなっていることがわかります。休日では渋谷の集客スポットに「自動車」で訪れる人は大きく減るようです。

それでは中身を見ていきましょう。

休日の「自動車」も「テニスクラブ」がトップのようですね。しかし平日と比べると上位に「イベント会場」が多いのは変わらないですが、明治神宮が2位に入っています!

「公共交通」でも明治神宮が一位となり、休日での集客力に強みを見せています!その他の序列はあまり変わりませんでしたが、検索総数としては休日はやはり減少する傾向にありそうです….

 

それでは次に、各集客スポットの平日・休日、交通手段別の検索回数推移を2014年~2016年のデータから見ていきましょう!

平日の集客力推移は?

下の図をご覧ください!平日の推移になります!

目的地推移(平日)@1x

「自動車」を見ると、先ほど出てきた「テニスクラブ」が2016年のデータがピークではなく、2015年代に急激に伸びていることがわかります!調べたところによると、この頃はテニスの錦織圭選手が大躍進しており、この年の人気スポーツ選手ランキングで一位になるなどテニスブームが起こった頃でした!日本でテニスへの関心が高まり、スクールなどに参加する人が増えたことが、この結果に起因しているのではないかと考えられますね!

その他の施設については、横ばいに見えますが集客として減少傾向はなさそうです。

次に「公共交通」を見ると、「テニスクラブ」は姿を消すため縦軸の数字が小さくなりその他の施設の動向がよく見えます!「イベント会場」はそのイベント内容や頻度によって大きく変動すると思われるのでなんとも言えない部分がありますが、商業施設は横ばいと言うよりは上昇傾向にあるのではないでしょうか?

休日の集客力推移は?

下の図をご覧ください!平日の推移になります!

目的地推移(休日)@1x

休日でも、「自動車」「テニスクラブ」は同様の変動が見られました。商業施設も傾向としては平日と大きな変化は見られませんでした。しかし休日で大きな集客力を見せる明治神宮は隔年1月に大きな数字を取り、これは初詣の影響だと考えられますね!

 

RESASとは?

産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が提供しています。

自治体職員の方や、地域の活性化に関心を持つ様々な分野の方によって、効果的な施策の立案・実行・検証のためなどに広く利用されています。

出典:https://resas.go.jp/#/13/13113

 

いかがでしたか?

渋谷のにはたくさんの集客スポットがある中で、平日・休日、交通手段によって集客力が変わってくることがわかりました!さらにナビタイムという皆様も日頃から使っているツールのデータなので、かなりリアルな数字が見えて、その社会的背景との関係も見えました!

現在再開発が進んでいる渋谷ですが、今後はどのような変化が起こっていくのでしょうか?

貸店舗物件をお探しの皆様も是非参考にしてみてください!


貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

You Might Also Like