新店舗情報 お知らせ その他

【新店舗情報】和洋中 太陽楼

【新店舗情報】和洋中 太陽楼​

こんにちは。

いつもご愛読ありがとうございます!

今回は、弊社にて貸店舗物件探し、出店サポートをさせて頂きました「和洋中 太陽楼 ​」様が

東京都台東区雷門1-15-9にオープン致しました!
ご出店おめでとうございます!

 

歴史のある建物

こちらの建物は、建築された年代が、なんど1923年に建築された歴史のある建物です。

1923年と言えば、大正12年の関東大震災があった年となります。

※関東大震災のとは

1923(大正12)年9月1日正午2分前に発生した関東大地震はマグニチュード7.9と推定される、近代化した首都圏を襲った唯一の巨大地震であり、南関東から東海地域に及ぶ地域に広範な被害が発生した。死者105,385、全潰全焼流出家屋293,387に上り、電気、水道、道路、鉄道等のライフラインにも甚大な被害が発生した。

関東大地震は、地殻を構成するプレート同士が、接触面で一気にずれ動くことにより生じた地震であって、震源域の近い地震としては元禄16(1703)年の元禄地震(推定マグニチュード8.2)があり、このような巨大地震の発生間隔は200〜400年と推定されている。

関東南部、特に神奈川県西部及び千葉県の房総地域においては、地震やその直後の大雨により、崩壊や地すべり、土石流などによる土砂災害が多数発生し、特に今の小田原市根府川では土石流により埋没64戸、死者406人という被害が発生したが、沖積低地や都心部の建物崩壊や火災の陰に隠れてあまり社会的関心をもたれなかった。
東京湾岸部の干拓地や埋め立て地、相模川、荒川、古利根川などの河川沿いの低地においては地盤の液状化が起こり、地盤の陥没や地割れ、建物の沈下、傾斜、地下水や砂の噴出などの現象が起こった。
相模湾周辺と房総半島の南端では最大高さ12m(熱海)、9m(館山)の津波が起こったが、各地で元禄地震や安政元(1854)年の東海地震の津波による災害経験が生かされ、地震直後の適切な避難行動により人的被害が最小限に食い止められた地域もあった。

出典:内閣府ホームページ (http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1923_kanto_daishinsai/index.html#document1)

 

記憶に新しい東日本大震災との比較

日本海溝沿いの沈み込み帯の大部分、三陸沖中部から茨城県沖までのプレート境界を震源域とする逆断層型超巨大地震。9日にマグニチュード7.3の前震。死者19,689人、行方不明者2,563人、負傷者6,233人(19年3月現在)。死者の90パーセント以上が水死で、原発事故を含む被害の多くは巨大津波(現地調査によれば最大約40メートル)による。津波に比べ揺れによる被害は大きくなかった。

東日本大震災は、2011年3月11日14時46分頃に発生。三陸沖の宮城県牡鹿半島の東南東130km付近で、深さ約24kmを震源とする地震でした。マグニチュード(M)は、1952年のカムチャッカ地震と同じ9.0。これは、日本国内観測史上最大規模、アメリカ地質調査所(USGS)の情報によれば1900年以降、世界でも4番目の規模の地震でした。

被害状況等については、まだ行方不明者も多く、全容は把握されていません。緊急災害対策本部資料によると、震災から3ヶ月を超えた6月20日時点で、死者約1万5千人、行方不明者約7千5百人、負傷者約5千4百人。また、12万5千人近くの方々が避難生活を送っています。

本震による震度は、宮城県北部の栗原市で最大震度7が観測された他、宮城県、福島県、茨城県、栃木県などでは震度6強を観測。北海道から九州地方にかけて、震度6弱から震度1の揺れが観測されました。
 その後も強い揺れを伴う余震が多数観測されています。気象庁によると、4月7日に宮城県沖を震源として発生した震度6強の余震をはじめ、5月31日までに発生した余震は、最大震度6強が2回、最大震度6弱が2回、最大震度5強が6回、最大震度5弱が23回、最大震度4が135回観測されました。

出典:内閣府ホームページ (http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h23/63/special_01.html)

 

お店の見どころ

・上記のように2度の大震災を経験しても無事に建っており、受け継がれている頑丈な歴史的な建物。

 

・虎軒(タイガーケン)浅草店、雷餃子ジャスミンといった中華系の料理店で代々引き継がれてきている。

 

 

・低価格で食べ放題の提供(ワンコインランチなど)

 

近くに行かれた際は、飲食目的だけでなく、歴史に思いを馳せるという楽しみも含め、一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

和洋中 太陽楼
住所 台東区雷門1-15-9
電話 03-5830-3008
営業時間 11:00~21:00

 

 

  店舗物件・事業用物件テナント区画募集・お探しのお問い合わせ先☆

株式会社ゼン・ランド

東京都知事免許(2)94776号

〒150-0043東京都渋谷区道玄坂1-17-11ミナミビル9階

TEL03-5457-7825 まで!!

事業用不動産・貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」https://tempoly.jp/

 

 

You Might Also Like