• 【エリアレポート】テナント変動に着目!3年分のデータからわかる表参道~キャットストリート編~
Pick Up エリアレポート お役立ちレポート

【エリアレポート】テナント変動に着目!3年分のデータからわかる表参道~キャットストリート編~

【エリアレポート】テナント変動に着目!3年分のデータからわかる表参道~キャットストリート編~

 

 

こんにちは!ゼンランドインターン生TEMPOLY編集部の橋場です。

 

流行の最先端である表参道。

表参道に出店したい!というあこがれを抱いているお客様も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな表参道のテナント変動に着目してみたいと思います!

TEMPOLY編集部で調査を行った、テナントデータ3年分を用いて表参道の傾向を分析していきます。

 

第一弾はキャットストリート

おしゃれな若者で溢れるキャットストリートではどのようなテナント変動がみられるのでしょうか?

 

調査範囲はこちら!

 キャットストリート

 

キャットストリートのテナント変動

TEMPOLY編集部では、2015年、2016年、2017年の3度に渡って表参道エリアの貸店舗物件&テナント調査を行いました。この結果を基にテナントを8つのカテゴリーに区分して年度ごとに比較します。

 

 キャットストリートグラフ

結果はこのようになりました!

 

右肩上がりなのは物販店舗!

表で示されている通り、2015年、2016年、2017年と3年連続で物販店舗が増加しています。古着屋さんの多いキャットストリートらしい、イメージ通りの結果ですよね!実際に街を歩いていても、お買い物を楽しんでいる人たちが多いなあと感じます。雑貨や、洋服等の物販店舗出店にはふさわしい通り。今後も物販店舗がキャットストリートのテナントの中心になるのではないでしょうか。

 

事務所は南側に集中!

事務所は少なめのキャットストリートですが、南側に事務所が集中しているエリアがあります。
キャットストリートを渋谷方面に進んだ南のエリアは、物販店舗よりも事務所が多くなっています。表参道エリアで事務所の貸店舗物件をお探しの方はこのエリアをご検討してみてはいかがですか?

 

北側には生活感がある!

南側は事務所が多くありましたが、北側には事務所はほとんどありません。南側とは違い住宅や学校、保育園などがあり、生活感がありました。
同じ通り沿いでもこれだけ顔が代わる姿というのは、改めて出店エリア選定の重要性を感じる所です!

 

いかがでしたか?

 

キャットストリートは、イメージ通り南北共通して物販店舗がとても多い通りでした。
お店の内容としても、アウトドア系のアパレル店舗等、昔とはまた少し違ったストリート感が出ている一方で、
少しおしゃれなカフェ等、フェミニンな雰囲気も追加されているように感じました。

また、全体的に退店の数も減っているのかなという様子。
一般で生活していて景気の上向きなどピントは来ませんが、やはり景気は良くなっているという事なのでしょうか。

エリアの強さを加えながら貸店舗物件をお探しいただければと思います!

全体的なマップとしては、南側には事務所が多く、北側には生活を感じさせる住宅や学校があるといった特徴も見られましたね。

 

表参道エリアで新規出店や貸店舗物件をお探しの方はぜひ参考にしてみてください!

 

貸店舗・店舗物件探しは「TEMPOLY」まで!https://tempoly.jp/

You Might Also Like